1f794762ffe03d0b92b9663e784dda27_s

「乳首の黒ずみを、出来るだけ確実に治してしまいたい!」
そう思われたときに選択肢として挙がるのが、レーザー手術とハイドロキノンやトレチノインですよね。

私も過去に乳首が黒く悩んでいた時期があったので、両方ともよく調べた時期があります。
なので、それぞれのメリットとデメリットについて、軽くお話しできればと思います。

それでは、参考にしてくださいね(^^)

乳首の色をピンクにする手術のメリットは?

3262ab32e287d471d015a7cded8f61b5

レーザー治療のメリットは、意外とハイドロキノンより安全性が高いことです。
こう聞くと、意外だとは思いませんか?

私のイメージだと、レーザーを乳首に充てるわけですから、失敗したら大変なことになるんじゃないか…と思っていました。
でもレーザー手術を行うのはお医者さんなので、逆に安全なんですよね。

手術のデメリット

一方でレーザー手術のデメリットとしては、

  • 値段が高額(20万円~100万円くらいかかる/病気じゃないので保険も下りない)
  • 高額な手術だけど、その分早くピンク色になるわけではない(半年~1年くらいかかります)

というものがあります。

そうなんですよ、高額なレーザーだからと言って、時間を短縮できるわけではないんです。

ハイドロキノン・トレチノインのメリット

http://urx.mobi/yBf5
http://urx.mobi/yBf5

一方でハイドロキノンやトレチノインのメリットとしては、

  • 値段が安い(一か月、数千円程度)
  • レーザー手術と同じくらい、もしくはそれ以上早くピンク色になる

というメリットがあります。

デメリット

そしてデメリットとしては、

  • 自分で自宅で塗らないといけないので、失敗しやすい
  • もし失敗すると、乳輪が大きくなったり、乳首が炎症してジュクジュクになる

というものがあります。

ちなみに私もハイドロキノンとトレチノインで、乳輪が大きくなってしまったことがあります。
というのも、このクリームは少しでも乳輪からはみ出すと、その部分も黒ずんでしまうんですよ。

 

あの時は、とっても恥ずかしい思いをしました(“▽”*) 
なので、使う時は注意が必要です。

実際、どちらの方が人気なの?

368af1238335081b98c1a416297da8af_s

では、実際多くの人はどちらの方法で治療しているかでですが…。
私が調べる限り、9割以上の人がハイドロキノンとトレチノインで黒ずみを治療しています。

レーザー手術を受ける人なんて、ほとんどいません。
私も値段が高くて、しかも治療に時間がかかるということで、クリームの方を選びましたし( ̄▽ ̄)

レーザーは高額なので、ハイドロキノンやトレチノインを試してからでも遅くはないと思いますよ。

 

ハイドロキイノンととレチノインの使い方や副作用、賢い買い方などは、以下の記事でご紹介しています。
良かったら、読んでみてください。

乳首に塗るハイドロキノン、トレチノインの効果や副作用などまとめ