pink-nipple-09163013

この記事をお読みということは、あなたは“とっても不幸なことに”白人女性の裸を見たことがある女性なのでしょう…。

どうして不幸なのか。
それは…あの綺麗な乳首に、きっと憧れを持ってしまったと思うからです。

 

透き通るような白い肌に、綺麗なピンク色の乳輪と乳首。
私も外国人の女性の乳首を見た後、自分の乳首を見て、溜息をついたのを覚えています。

そして、出来れば彼氏が白人女性の裸を一度も見ていないことを祈りました(笑)
だって、比較されると悲しいですからね。

でも、どうして白人女性の乳首は色が薄いんだろう…

292fa4557e760262f49a98597b27431e_s

これはもう、あなたもお気づきの通りだと思います。
そうですね、白人の方は色素が薄いので、乳首も私たちと比べて色が薄いだけなんですよ(なんとうらやましい!)

それを証拠に、黒人女性の乳首は皆さん黒色です。
結局、色素が関係しているだけなんですよ。

じゃあ、日本人はピンク色にできないということ?

そうじゃないことは、あなたも知っていると思います。

高校時代に着替えの時にふと見た、クラスメイトの胸…。
温泉でふと見た、綺麗な乳首をした女性…。

あなたも、見たことはありますよね。
日本人でも、乳首が綺麗なピンク色をしている女性はいます。

 

でも、もしかすると「彼女たちは生まれつきピンク色なのでは?」と思われたかもしれませんね。
確かに高校生の頃だと生まれつきかもしれませんが、大学生以降できれいなピンク色の乳首をしている女性は、結構な確率で実は乳首ケアをしていますよ( ̄▽ ̄)

なかなか友達と乳首の相談をする機会がないだけで、実はみなさんこっそりケアしてます。
そして、まるで「生まれたころから自然なピンクですけど?」みたいな顔をしているだけなんです(‘-‘*)

どんな乳首ケアをしているの?

3b7be77ff8caee2c2ee50383aba55147_s

では、彼女たちがどのようなケアをしているかですが…。
方法は2つあって、一つは医薬品で脱色する、もう1つは医薬外部品でメラニン色素にアプローチして、ピンク色にする方法です。

一昔前までは脱色剤しか無くて、何を隠そう私も使っていました。
でも脱色剤は乳首がピンク色っぽくなるんじゃなくて、白っぽくなるんですよ。

なんとも色気のない乳首になってしまうんです。
(以下の写真が、参考になると思います)

f_121143_2

 

そこで最近人気なのが、湘南美容外科さんで売っている「ホスピピュア」という、メラニン色素に働きかけるクリームです。
こちらは脱色剤は含まれていないので、かなり自然で艶のあるピンク色の乳首になります。

 

私も使っていました↓

image-11

 

脱色剤で無理やり白っぽくするのではなく、後から生まれたメラニン色素に働きかけるので、日本人らしい(生まれたときのような)自然なピンク色になるので、違和感もありませんよ(‘-‘*)

以下のような写真が、参考になると思います。

23162b5f-s

 

日本人の肌だと白人女性のような乳首の色は浮いてしまうので、上の写真のような自然で可愛らしいバストトップにしたいのであれば、湘南美容外科のクリームが良いでしょう。
彼氏も「綺麗だね」とか「可愛いね」と言って喜んでいたので、男性受けも良いと思います(〃▽〃)

 

ちなみにこのクリームはネットでも買うことが出来て、ネットだと今は39%OFF&送料無料キャンペーンもしています。
詳しくは、以下の公式サイトを見てくださいね~(^^)

ホスピピュア