d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_s

どう考えても乳首が黒くなる原因が思いつかない場合、もしかするとそれは「日焼け」が原因かもしれません。
つまり腕やお顔と同じように、乳首が日焼けして黒くなってしまった可能性があるということですね。

昔外でよく遊んでいた人なんかも、当てはまる場合が多いです。
それでは詳しくご紹介します(‘-‘*)

日焼けして、乳首が黒くなる理由

368af1238335081b98c1a416297da8af_s

これは私は知らなかったんですけど、紫外線ってブラジャーも服も通り抜けるらしいんですよ。
そして、いとも簡単に、私たちの乳首まで届いてしまうみたいです。

特に海やプールで水着だけになるのは、もう「乳首を焼きに来ている状態」らしいですよ(^^;
でも、胸や乳首まで日焼け止めクリームを塗る人は少ないですよねぇ…。

 

ちなみにですが、肌が黒い人(色黒の人)は余計に乳首が黒くなってしまいやすいらしいです。
色白の人は、仮に肌が焼けても赤くなるだけで、すぐ代謝されて元通り。

一方(私のような)肌がもともと黒い場合は、どんどんメラニン色素が溜まっていくみたいです。
ほんと、ついてないです(´;ω;`)

※ちなみに、日焼けサロンも乳首が黒くなる

ちなみにですが、日焼けサロンも乳首が黒くなるみたいです。
むしろ紫外線を太陽より近くで浴びることになるので、余計に黒くなりやすいとか。

「体は焼きたいけど、乳首はピンク色でいたい!」という場合には、UVケアをして日焼けサロンに行ったほうが良いでしょうね~。

じゃあ、日焼け止めを塗れば、乳首が黒くなるのを防げる?

1

答えから言うと、乳首の黒ずみの原因が日焼けだけなのであれば、日焼け止めを塗ると乳首が黒くなるのは防げます。
もし(そもそも乳首が黒くなる原因って、何があるの?)と思われる場合には、以下の記事で原因をまとめているので、読んでみてください。

⇒乳首が黒くなる5つの原因とは?

意外と日常的に当たり前のようにしていることでも、黒ずみの原因になってたりしますからね(^^)

 

でも、日焼け止めクリームって意外とすぐに効果が切れてしまいますよね(^^;
日焼け止めクリームみたいに、その場でサラッと塗れるといいんですけど、胸となるとイチイチ塗りなおすのも面倒かもしれません。

その場合はUVカット率99%のインナーを着たり、最近話題の「飲む日焼け止めサプリ」を飲んだほうが、楽かもしれませんね。

でも、日焼け止めだけじゃ手遅れかも…

fe18d0732c6f9ddab81976a03f7caef6_s

しかし!
それ以前に忘れてはいけないのが、日焼け止めクリームは乳首の黒ずみを防ぐだけで、乳首を漂白してくれるわけではありません。

つまり、これ以上黒くならないだけで、ピンク色になったりしないので注意してくださいね。
今から乳首をきれいなピンク色にするとなると、それ専用のケアが必要になりますから。

 

乳首のケア方法については、以下の記事でご紹介しています。
ぜひ、読んでみてください。

⇒今の乳首をピンク色にする方法はこちら