●乳首の黒ずみを気にする人の心境

年頃の女子が気にしている身体のお悩み、それはたくさんあります。

乳首の黒ずみだったり、陥没乳首だったり、乳輪の大きさだったり、太りすぎたり、ニキビがきになったり、一重瞼を二重にしたかったり、体毛が濃かったり。

女の子の悩みは尽きないものです。デリケートな部分であり、誰にも相談できない女子が多発しています。思春期に差し掛かかると女性の身体は子供の体型から一変、全体的に丸みを帯び女性らしくセクシーな身体つきに変化します。

年頃の女子になったら、母親に身体の相談を友達感覚で相談できる女子は少ないのかな?と思います。

もしかしたら…母親は私と同じ悩みを持っていないかもしれない。

むしろ打ち明ける勇気が出ない女子が多いのではないのでしょうか??母親は私の子供の頃の身体つきしか知らない。日々成長中の私の身体の変化。大人になるにつれて知らない私と出会う。変化や成長は楽しみでもあり、悩みでもあります。


ん?ちょっと待って!!身体の悩みは10代だけのものではありません。

もちろんキャンパスライフを満喫中の20代前半の大学生や新卒で働いている女子や、社会人数年目のOL女子、働き盛りのOL女子、バリバリキャリアウーマンの30代、40代女子、大人としての魅力が溢れる50代女子さまざまな年齢の女子はつねに身体の悩みを抱えているものです。

さまざまな年齢の女子が悩んでいる身体のお悩み。

その中で悩んでいる人がとても多い悩みの一つ。

『乳首の黒ずみ』このデリケートな悩みは幅広い年齢の女子が悩んでいます。

女子なら誰しも一度は悩む乳首の黒ずみ。私だけ悩んでいると思っているあなた!意外とみんな悩んでいます。

子供のころは自分の身体、もしくは家族の身体しか見た事がないから自分の乳首が黒い!と気づくことは少ないと思います。

胸が大きい、小さい、太っている、痩せているこれは服を着たまま目視でわかる情報です。

デリケートな部分は他人と比較する事が難しいですよね?

小学校でプールの授業、中学校にあがり、体育の授業、プールの授業、部活動などで、他人と着替える事が次第と多くなります。

友達と旅行に行き一緒に温泉に入り楽しく談笑しながらたまたま目に入り込んできた友達のバスト。

『あ!私の乳首、友達と比べて黒いかも…??』そんな経験ないですか?乳首が黒い…なんでだろう?自黒でもないのに…性体験で??友達や彼氏に心無い一言で乳首の黒ずみがコンプレックスになってしまうこともありますよね。

コンプレックスになり、自分の乳首を他人に見せることが怖くなってしまいますよね…。そんな乳首の黒ずみの原因は以下の2点です。


●黒ずみの原因
1.摩擦
2.女性ホルモン

 

上記の2点をみて思い当たる方いるのではないのでしょうか?

1.摩擦が原因の場合は、

ブラカップのサイズが合っていない場合に該当します。乳首とブラがこすれて色素沈着する可能性が考えられます。一度だけでは色素沈着は考えにくいですが、日々の摩擦で色素沈着する場合があります。例えばメイクを落とす際の洗顔時に、毎日顔面をゴシゴシ強くこすって洗ってしまうと色素沈着してしまいますよね?思っている以上に肌はデリケートです。

2.女性ホルモンの場合は、

思春期に女性ホルモンの分泌量が増え、成熟期に女性ホルモンの分泌量がピークに達し、更年期になると女性ホルモンの分泌が急激に減少していきます。女性の身体は成長期になるにつれ成熟していくので女性ホルモンの分泌量が変わってきます。また出産準備で乳首は黒くなることがあります。赤ちゃんを産んで乳首の色は元の色に戻ろうとしますが、元の色に戻らないで黒ずんだままというケースもあります。女性ホルモンの一種のプロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれており、プロゲステロンが分泌されることでメラニン色素を増やす要因になります。それが憎き黒ずみに。
じゃあ日々メラニン色素と深く関わっている女子たちはどうしたらいいの?一度黒ずんでしまったら一生黒ずんだ乳首と過ごしていかなければダメなの?

●黒ずみは治せる


乳首の黒ずみで落胆しているそんなあなたに朗報です!諦めていた乳首の黒ずみは治せるんです!

いいえ!生まれつきでも落胆しないでください。

産後の乳首の色が戻らなくても大丈夫です!きっと乳首の色にコンプレックスを持つことがなくなるはずです。

え?それはどうしてかって?どうして乳首の黒ずみが治せるのかというと、話は変わりますが、みなさん夏になると一度は白肌を守るために日焼け止めを塗り、日焼けを防止したことはありませんか?

日焼けというのは、紫外線が大きく影響しています。

人間の身体は紫外線を長時間浴びたり、真夏のように強力な紫外線を浴びてしまうと、メラニンが大量に作られるのです。

 

メラニンは紫外線を吸収して、肌内部への侵入を防いでくれる作用があります。紫外線のダメージから細胞を守ってくれています。そして大量にに蓄積されたメラニンは黒くなり、表皮上部に上がってきます。一か月くらいかけて垢と一緒にメラニンは剥がれ落ちるのです。

 

これが、みなさんご存じの日焼けのメカニズムです。前述のとおり、女性ホルモンの一種。プロゲステロンがメラニン色素を増やしてしまうので乳首の黒ずみにつながります。

 

プロゲステロンが増えて乳首が黒ずんでしまうということは、メラニン色素に働きかけることで色素沈着した黒ずみが改善され、もともとの乳首の色を取り戻すことが可能になります。長年悩んでいた乳首の黒ずみがトーンアップし悩みもアップデートされ新しい自分に変化できますね!

 

では、長年悩んできた乳首の黒ずみには何が効くのでしょうか?それはハイドロキノンです。ハイドロキノンは『肌の漂白剤』と呼ばれる強力な美白成分です。その効果は他の美白成分の10倍~100倍とも言われています。(濃度により変わります)

まさに美白界の革命児でしょう!元々は欧米で広く利用されていたといわれています。

『肌の漂白剤』と聞くと怖いイメージががありますが、コーヒーやイチゴ、ブルーベリーなどの植物にも含まれる成分になるので安心できますね。

 

ハイドロキノンに期待できる具体的な効果には、次のようなものがあります。新しいシミができるのを予防したり、すでにできているシミを薄くするというものです。長年、乳首の黒ずみで悩んでいる女子の救世主になることでしょう。

 

ハイドロキノンは、強力な美白効果をもつことから、メラニン色素を作る酵素チロシナーゼの働きを弱める効果があります。

また、メラニン色素を作るメラノサイトの活動をストップさせ、少しずつ減少させていく働きがあります。これによって、新しいシミを作らせないようにする役割があります。

ではどうすればシミにならないのか?それは、メラニンになるまでに、その作用を止めてしまえばいいのです。

 

ということは乳首の黒ずみは、メラニンということになるので、ハイドロキノンを定期的に使用することで黒ずみは徐々に薄くなっていきますので、日々黒ずみのチェックを行うことが楽しみの一つになるのではないでしょうか?

 

ピンク色の乳首にもう一度戻ることも夢ではありません。

自信を持って人前で着替えることができますしピンク色になった乳首をだれかに自慢したくなってしまいます。コンプレックスもなくなり毎日の生活が楽しくなり、さらに女磨きに拍車がかかること間違いなしです。いいところ取りのハイドロキノンです。
いかがでしたか?誰にも相談出来なかった乳首の黒ずみは改善することが可能です。ハイドロキノンで、ぜひHAPPY LIFEを。

 


スポンサードリンク